マンインベストメント ADP 2006年9月マンスリーレポートの一部解説について
あなたに、40代の税理士からマンインベストメント ADP の情報をお伝えします。


2006年10月31日

マンインベストメント ADP 2006年9月マンスリーレポートの一部解説

マンインベストメント ADP 

2006年9月マンスリーレポートの一部解説


英語が読めない貴方にお送りします。



9月単月    +1.8%
トータル  +525.1%


2006年9月度のポイント


1.8月に引き続き9月も利益を積み上げることができた。

2.特にエネルギー取引と債権取引で利益が出た。
  農産物取引は、ほんの少しの利益が出た。



エネルギー取引

 天然ガスの売りポジション特に良かった。
 とにかく、価格が下落し続けた。

 原油の売りポジションからも、利益が生まれた。

 OPECからの発表も影響があった。
 原油を売却し、ドル資金を確保する動きが、あった。

債権取引

 日本国債の買いポジションが良かった。
 価格がよく上がった。
 ドルの買いポジションも良かった。
 
 原油の価格が下落したことがキッカケで、
 アメリカ経済の見通しが明るくなったことや
 インフレの不安が和らいだことが示されている
 

マンインベストメントのことを
もっと知りたいあなたへ

マンインベストメント訪問マンインベストメント訪問時の写真です。

もっと、マンインベストメントを
知りたい、あなたは、
こちらをクリック




マンインベストメントを実際に訪ね
マンインベストメントに投資をして
5年目を迎える税理士の情報をお伝えしています。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事