国民健康保険の滞納者への対応(4:記録)について
あなたに、40代の税理士から国民健康保険滞納の情報をお伝えします。


2006年11月04日

国民健康保険の滞納者への対応(4:記録)

国民健康保険の保険料を滞納した者に対して


国民健康保険の保険料を滞納した者に対して
役所内で、こんな処理がされています。


国民健康保険の保険料を納期限までに
納付しなかった者を国民健康保険の保険料

滞納者として、ピックアップして、
滞納者名簿を納期ごとに作成します。


つまり、国民健康保険の保険料を滞納してしまうと、
滞納者として、名前が残ってしまう訳ですね。


国民健康保険の保険料は、制度上、
世帯主が負担することになっています。


結婚されていない方の場合、世帯主は、親であることが
多いことから、違和感のあるひともいるかもしれません。


そして、国民健康保険の保険料を滞納し続けて数ヶ月、
滞納を継続していると役所からイエローカードが・・・


そのような世帯を特にマークして、滞納者名簿から抜き出し、
対象世帯主台帳とよばれる台帳に名前が移されます。


つまり、2つの書類に国民健康保険の保険料の滞納者として
名前が、残ってしまうことになります。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事