国民健康保険の滞納者への対応(11:保険給付一時差止通知)について
あなたに、40代の税理士から国民健康保険滞納の情報をお伝えします。


2006年11月11日

国民健康保険の滞納者への対応(11:保険給付一時差止通知)

国民健康保険の保険料を滞納して
1年と半年が経過しても、まだ滞納分が残っている。


すると・・・
いよいよ、やってきます。


病院や診療所で保険が使える治療が受けられない・・・
そんな事態が。


専門用語で、保険給付の差し止めといいます。
でも、ここでは、一時的です。


でも、場合によっては、市長や町長が認めた場合は、
前倒しもあるかも知れません。


繰り返します。
あくまでも、一時的の対処です。



そして、このお知らせは、電話や訪問などで
いわれるのではなく、手紙です。


保険給付一時差止通知というタイトルです。




またここで、一部の方には、
配慮がされています。


特別の事情があると認められる世帯主については、
保険給付の一時差止は、できないことになっています。

 
そして、今からでも、
けして、遅くはありません。


本当に特別な事情があって、認めてもらおうとするならば、
役所には、その内容の書類を送ることができます。


特別な事情は、6をご覧下さい。


受け取った役所では、内容を見てくれます。
そして、審査した結果、役所が適正と認めるときは、


手紙で送った「保険給付一時差止通知付」の扱いを
解除してくれます。


そして、資格証明書の交付を受けていたときは、
新しい保険証を一緒に交付して頂けます。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事