国民健康保険の滞納者への対応(12:滞納分の相殺)について
あなたに、40代の税理士から国民健康保険滞納の情報をお伝えします。


2006年11月12日

国民健康保険の滞納者への対応(12:滞納分の相殺)

国民健康保険の保険料の滞納分は
どんな扱いになる。


国民健康保険の保険料を滞納して、1年以上がすぎ、
本来の保険証の代わりに交付された資格証明書の交付を
受けている世帯主についての話です。


保険給付の一時差止の手紙を受け取ってしまい、
特別な事情もない方のことです。


国民健康保険の保険料の滞納分を完全に支払えないとき
もし、役所が何らかの理由で、
この国民健康保険の保険料を滞納している方に


支払う給付があった場合には、
その金額と相殺することができるとされています。



実際のケースの中で、金額の大きいケースでは、

□ 出産育児一時金
□ 葬祭費

が考えられます。



そして、
相殺しましたよ・・・


という内容は、保険給付充当通知というお手紙で、
通知されることになります。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事