年末調整書き方 扶養控除申告書 (必須:住所と居所?)について
あなたに、40代の税理士から年末調整書き方の情報をお伝えします。


2006年12月02日

年末調整書き方 扶養控除申告書 (必須:住所と居所?)

年末調整書き方の扶養控除申告書について

説明しています。



対象の方は、職場から、

「この書類書いて下さいね」と渡された方です。





まず、扶養控除申告書に必ず、

記載する項目について、説明します。





「あなたの住所又は居所」




これは、あなたの住所を書いて下さい。

読んで時のごとく住んでいる所です。



通常は、あなたの住民票がある

住所です。



でも、こんな方も中にはいます。



住民票があるところと

住んでいる所がちがうのですが・・・



そうです。

こんな場合は、住んでいるところは

居てる所として、居所となります。



つまり、必ず、住民票のある住所を

記載する必要は、ありません。



わたしも、かつて、

実家にず〜と住所を置いていました。



そして、職場の近くの寮に入っていたので、

そちらの住所を扶養控除申告書に記載していました。



するとこんなことがありました。

実家に役所からある書類が届いていると親から電話が・・・



届いた書類は、

住民票がある住所で税金の申告に必要な書類が

提出されていないと、いうことです。



職場を通じて、他の市町村に申告をしていますので

と電話で申し上げれば、分かりましたと言って

了解を頂きました。



そうです。

実際に住民票のある役所には、仕方ないことです。

事情が、分からないのでお手紙を送るしか手段がない。



扶養控除申告書

居所を書く場合は、このようなことが、ありますので

役所から問い合わせには、やさしく対応しましょう。



次は、「あなたの生年月日」です。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事