年末調整書き方 扶養控除申告書 (2つの役目)について
あなたに、40代の税理士から年末調整書き方の情報をお伝えします。


2006年12月02日

年末調整書き方 扶養控除申告書 (2つの役目)

年末調整書き方の扶養控除申告書の役目について

説明しています。



対象の方は、職場から、

「この書類書いて下さいね」と渡された方。



この扶養控除申告書という書類は、

年末調整するだけの資料ではありません。



もう一つ大切な役目があります。



それは、給与計算の事務で

使用されると言うことです。



みなさんも、

給与明細は、頂かれていますよね。



そのなかに

所得税という項目があります。



この天引きされる所得税の金額を決めるのに

使われているのです。



ですので、

きちんとした会社やお店であれば、

就職したときに給与計算で必要なので

扶養控除申告書を提出して下さいといわれます。



もし、あなたが、

そういえば、書いていなかったなあ・・・

と感じるのであれば、給料の計算事務が、

きちんと行われていないこともあります。



といっても、天引きされる所得税の部分だけですので

誤解の内容に。



実は、この所得税は、簡単に言うと

大きく2つに分かれ、

更にその1つが5つ分かれています。




1つは、この扶養控除申告書を提出した人。



そして、もうひとつは、

この扶養控除申告書を提出する必要のない人。



そして、扶養控除申告書を提出した人は、

養っている家族構成に準じて、

月々天引きされる金額は、少なくなっています。



提出していない人は、

家族構成は、考慮されません。

ちょっと高めの天引きとなります。



勘違いしないで下さいね。

あくまでも、天引きの段階の話です。






そういえば、

当時23歳で結婚していた同期の人は、

すでに子供が居たため、所得税は、な〜んにも

ひかれてないと言っていましたね。



最後に

扶養控除申告書は、


給与の計算をするときに使用されます。


そして、もうひとつ、


年末調整をするときに

家族の構成やその他諸事情を考慮しての

所得控除を計算するために使われます。



つぎは、具体的に扶養控除申告書のABCDEを

解説していきます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事