年末調整書き方 扶養控除申告書 (A〜Eの意味が分からない人が多い)について
あなたに、40代の税理士から年末調整書き方の情報をお伝えします。


2006年12月05日

年末調整書き方 扶養控除申告書 (A〜Eの意味が分からない人が多い)

年末調整書き方の扶養控除申告書について

説明しています。



対象の方は、職場から、

「この書類書いて下さいね」と渡された方です。





次は、扶養控除申告書に養っている家族が居る場合等、

記載する項目について、説明します。




扶養控除申告書の記載するスペースをよく見ると

大きく上下に2つに分かれていますね。



そして、その境目に

何やら、長い一行の文章が、かかれています。



ここには、

下の部分には、書く必要が無い人を説明しています。




「あなたに

 々欺対象配偶者 や

 扶養家族


 がなく、

 かつ、

 あなた自身が

 ‐祿下
 
 寡婦

 2鰭

 又は

 ざ佻学生

 のいずれにも、

 該当しない場合には、

 以下の各欄に記入する必要はありません。


 
あなたは、

理解できましたか?



年末調整の実務をやっておりますと

該当しない場合?と問いかけられても

言葉の意味が分からず、自分自身の氏名や住所だけ書いて

提出される方が、結構います。



そう、下の部分(A〜E)が、まったく

空白なんてケースが、ざらにあります。



たった、一カ所印を付けているかいないかで

年末調整の金額が、大きく変わることもしはしば

あります。





本当は、税務署から送付されてきた

扶養控除申告書の裏には、

解説されています。



しかし、読む前から、

何が書いてあるか分からないに違いない!

と思いこんでいる方も多いかも知れません。



次は、この説明をします。

目次はこちら、







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事