年末調整書き方 扶養控除申告書 (C:障害者等 補足:障害者控除)について
あなたに、40代の税理士から年末調整書き方の情報をお伝えします。


2006年12月05日

年末調整書き方 扶養控除申告書 (C:障害者等 補足:障害者控除)

年末調整書き方の扶養控除申告書について

説明しています。



対象の方は、職場から、

「この書類書いて下さいね」と渡された方です。





扶養控除申告書のA〜Eに

書く内容について解説しています。



税務署から届く書類には、裏に解説がありますが、

もう少しかみ砕いて、説明しています。



扶養控除申告書の主たる給与から控除を受ける



 C:障害者等とは?補足編



 さて、扶養控除申告書の裏面に

 あなたが、年末調整をする上で、税金が軽くなる

 障害者になるのかどうか?に関する詳しい解説があります。




 障害者控除には、

 障害の程度に応じて、

 特別と一般(特別以外)の2つに区別されています。


 
 特別は障害者控除は、350,000円

 一般の障害者控除は、270,000円

 です。



 
 年末調整で使う扶養控除申告書の裏面には、

 8つの具体例が記載されています。

 まずは、このように書かれています。




 「所得者本人又は、その控除対象配偶者や扶養親族で、

  つぎのいずれかに該当する人」


 
 

 

 

 扶養控除申告書のA〜Eの目次へ戻る

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事