マンインベストメント ADP 2006年10月マンスリーレポートの一部解説について
あなたに、40代の税理士からマンインベストメント ADP の情報をお伝えします。


2006年12月08日

マンインベストメント ADP 2006年10月マンスリーレポートの一部解説

マンインベストメント ADP 

2006年10月マンスリーレポートの一部解説


英語が読めない貴方にお送りします。



10月単月   +0.2%
トータル  +526.2%


2006年10月度のポイント

マンインベストメント



1.9月に引き続き10月も、
  わずか利益を積み上げることができた。

2.特に株式指数の収益が印象的だった。
  通貨取引と金属市場での取り引きで、利益が出た。
 
  しかし、
  
  金利市場での利息収入及び売りポジションの結果から
  マイナスのリターンを記録したことで、
  帳消しになってしまった。



 S&P500の売りポジションが、
 良い結果となった。
 
 アメリカが推奨する消費者指数が裏付けとなって、
 当月のマーケットは、3.2%上昇した。

 9月の小売業界の売上は、0.8%増えた。
 
 ミシガン大学の調べによる消費物価指数は、 
 10月には 92.3まで上昇した。

 ちなみに、2005年の7月から現在までのなかで、
 最も高い水準です。

 その上、衰えた原油の価格が戻って来たことが
 これらの裏付けとなった。

 西テキサスでは、1ヶ月で、6.6%下落し
 最終的には、10月原油は1バレル60ドルを下った。

 その他の指数は上昇し
 特にダウ平均は、12000の壁を初めて越えた。

 損失は、債権市場で被った。
 10月早々と特にアメリカの公的資金が急激に去りました。

 アメリカJOBS指数は、8月
 60000から上方訂正をしたと発表しました。
 その間、失業者数は、9月に0.1%減りました。

 当分、アメリカ連邦政府から金利を下げることはしない。
 ・・・このように予測されています
 
 最近、確認されたこととして、
 アメリカ連邦政府は、金利水準を5.25%を維持することと
 インフレ政策を保持することを選択したと・・・

 他、日本国債の取引で損失を出した。
 
 皮肉にも、日銀短観の発表後であった。
 内容は、日本の製造業界の信頼が、
 期待していた以上に良かったことであった。

 
 
マンインベストメントのことを
もっと知りたいあなたへ

マンインベストメント訪問マンインベストメント訪問時の写真です。

もっと、マンインベストメントを
知りたい、あなたは、
こちらをクリック




マンインベストメントを実際に訪ね
マンインベストメントに投資をして
5年目を迎える税理士の情報をお伝えしています。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事