年末調整書き方 扶養控除申告書 (タイトルの下3行の文)について
あなたに、40代の税理士から年末調整書き方の情報をお伝えします。


2006年12月13日

年末調整書き方 扶養控除申告書 (タイトルの下3行の文)

年末調整書き方の扶養控除申告書について

説明しています。



対象の方は、職場から、

「この書類書いて下さいね」と渡された方です。



さて、一番上には、

書類のタイトルが書いてあります。



平成 ●● 年分

 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書



毎年 ●● の数字が

変わります。



そして、そのタイトルのすぐしたに

3行の説明があります。



最初に目的が書いてあります。



この申告書は、

あなたの給与について配偶者控除や扶養控除、

障害者控除などの控除を受けるために

提出するものです。



そうです、年末調整をつうじて

所得税の計算をする上で、各種所得控除を

受けるために必要です。






次に書いてある文書は、

注意書きですね。



自分には、結婚していないとか、

扶養家族がいないからこの申告書を

提出する必要はないんでしょ?

と思いこんでいる人に向けての

メッセージが書かれています。



このイナイということを

職場の方に書類でお伝え下さい。

こんな表現になってます。


この申告書は、

控除対象配偶者や扶養親族に該当する人が

いない人も提出する必要があります。





3行目に書いてあることは、

複数から給与をもらっている方への注意事項です。



この申告書は、

2か所以上から給与の支払を受けている場合は、

そのうちの1か所にしか提出することが

できません。



このことは、

守って下さいね。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事