年末調整書き方 保険料控除申告書:裏面(生命保険料控除)について
あなたに、40代の税理士から年末調整書き方の情報をお伝えします。


2006年12月13日

年末調整書き方 保険料控除申告書:裏面(生命保険料控除)

年末調整書き方の保険料控除申告書の裏面について

説明しています。



対象の方は、職場から、

「この書類書いて下さいね」と渡された方です。



正式な書類の名称は、


平成●●年分


給与所得者の保険料控除申告書 

兼 

給与所得者の配偶者特別控除申告書


です。




なれている方は、毎年、スイスイですが

始めての方は、たいてい、何を書いたらいいの?

と、とまどわれます。






年末調整をする上で、

生命保険料保険控除に関する補足が

保険料控除申告書の裏面に書かれています。



さて、書かれている内容を

順番に説明すると・・・




々欺の対象となる保険料の範囲等


これは、つまり、年末調整で考慮される

所得控除のひとつである生命保険料控除の対象

となる保険料の範囲についてこれから説明をします

ということですね。



ということは、

逆に言うと、控除の対象にならない

保険料とは?



これを確認するのも

いいかもしれませんね。



まずは、記載されている文章を

そのまま見ていきましょう。



生命保険料控除の対象となる生命保険料とは、

 生命保険契約、簡易生命保険契約、生命共済契約

 適格退職年金契約などの生命保険契約等

 (年金を給付する定めのあるものを含みます。)、・・・」



まずは、このような代表的に4種類の契約で

あなたと保険会社等が、

契約したものに限るということですね。

定期保険、終身保険、養老保険

が代表的なものですね。




「・・・あるいは身体の障害もしくは疾病により入院して

 医療費(医療費控除の対象となるものに限ります。)

 を支払ったことなどに基因して保険金が支払われる

 一定の保険契約に基づき、・・・」



それは、主に医療保険と呼ばれる保険に加入されている

方であれば、イメージできますね。

外資系の生命保険会社では、一番力をいれている

分野ですね。この医療保険も対象になるという

ことです。





「・・・あなたが本年中に支払った保険料や掛金をいいます。」


いいですか・・・

あなたが、支払ったというののが大切です。

保険の内容は、よこに置いておきましょう。

あなたが、直接?あるいは間接的であっても

支払っていると考えられる。

これが大切です。



また、本年中に支払っていない

保険料は、対象になりません。



いくら書面上体裁が整っていても、

本年中に支払っていない

保険料は、対象になりません。



このことをふまえて

注書きがあります。



※下記のタイトルは、私が勝手に付けました。


(注1)生命保険料控除の限度額とは?

(注2)なぜ個人年金ではなく一般の生命保険になるの?

(注3)受取人が妻になっていますが対象になりますか?



そして、最後に

勤務先に何を提出すればいいのかが

「添付書類」として解説がなされています。



添付書類について知りたいあなたはコチラ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事