マンインベストメント社でファンドを購入して満期を迎えるあなたへについて
あなたに、40代の税理士からの情報をお伝えします。


2014年02月01日

マンインベストメント社でファンドを購入して満期を迎えるあなたへ


マンインベストメント社で
ファンドを購入して満期を迎えるあなたへ


はじめまして。

かつて、マンインベストメント社に投資を
行なっていた税理士の堀井昭彦と申します。

また、ご興味ある方に限り、
情報をお伝えしていた時期も、ございました。


私自身は、せっかく
長期のスタンスでの投資だったのですが、
事業資金が、必要になった理由で

当時、泣く泣く、解約手続を行い、
キャッシュに戻しました。


早期の解約のため、当時、利益も
出ていなかったのですが、管轄の税務署から
海外送金に関する問い合わせがあり、
適正な方法で税務の処理を済ませております。


さて、今も(2014年)、
マンインベストメント社に投資されている方々から
最近、こんなお悩みを聞く機会が、増えてきました。


「マン社のファンドが、満期になるんですが
 
 いい方法ないですか?」


相談される投資家の多くは、
「スイスで、プライベートバンクの口座を開設するほどの
資金は、投資されていない」ことに気が付きました。


そこで・・・


「海外では、いろいろな資産を保管してくれる・・・

 そ〜ですね。イメージでお伝えすると

 海外の貸金庫サービスとでもいいましょうか。

 しかも、こちらの指示のどおりに

 お金を動かしてくれる金庫番もいる。

 とでもいいましょうか。

  「カストリーサービス」と呼ばれるサービスが

 外国では、あたり前のようにある

 サービスなのですが、ご興味が?」


(続き)







cho_investor at 17:01│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事