郵便局投資信託について
あなたに、40代の税理士から郵便局投資信託の情報をお伝えします。


郵便局投資信託

2006年05月08日

郵便局の投資信託以上の魅力だった             簡易保険は?

一時払いで、満期金を超える保険料
これって元本割れ?
−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方に行くと郵便局の局員の方が、
セールスに来る家も多い。

うちの実家は、郵便局の局員の方が来る。

よりよい投資を求めている私にとって
郵便局の金融商品は、私の最終的な選択肢に入ってこないが、

一般的には、おつきあいがあるので
ということで、郵便局の金融商品を断れないというケースも多いと聞く。

ある簡保が満期になったので、
郵便局の局員が継続の簡保を進めたそうである。

これは、郵便局の局員の薦めで、継続手続きをした
母親から聞いた実話である。

「一時払いの保険料が、
 満期時の返戻金を超えているから元本割れなの?」

私は、金融商品の内容については、よく分からない。
ある意味間違っているかもしれない。

とにかく
私は、耳を疑った。

時代の流れなのか
説明が悪いのか
それとも本当にそうなのか

投資の考え方に関して、
両親と価値観が合わない私には、
保険証券を見るまで、至っていないが・・・




cho_investor at 11:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月07日

郵便局の投資信託以上に魅力的だった             定額貯金は、今は昔

定額貯金の利率は、年0.15%
売りたい商品が貯金から投資信託へ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

郵便局の窓口で投資信託の販売
銀行の窓口でも投資信託販売
保険会社は、変額保険という形で、投資信託を活用

投資信託は、投資家にとってますます身近な存在になっている。


ひとむかし

郵便局と言えば、定額貯金。

だった・・・



どこの新聞にも出ている
金利一覧表。

ふと、今の情報が目に入ってきた。

5年
0.15%

・・・・(ため息)

cho_investor at 09:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月04日

郵便局で買える投資信託その3

郵便局で買える投資信託その3
GS日本株式インデックス・プラス
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

郵便局で、購入できる投資信託は、
現在、3種類ある。

3つめに紹介されている

 GS日本株式インデックス・プラス


タイトルを見て直感的に感じること


肯定的な見方

 ゴールドマンサックスが選んでいる日本の株式だから
 いいかもしれない。プラスという言葉の響きがいい。

否定的な見方

 日本株式のインデックス(指標)なので、
 受けるイメージとしては、2つめとよく似ている?


そして、詳しい内容が書いてある
目論見書を少し読む


・・・


なるほど、2つめの日経平均225の採用銘柄に対し
こちらは、TOPIXの採用銘柄に重視する投資か・・・

2つめとの共通点は、

これも、いちいち、どの銘柄にしよう
と悩むことが、ないことである。

TOPIXが、上昇すると感じれば、購入し、
そのとおりになれば、売却すれば、いいのである。

郵便局の扱う投資信託の3つの共通点は、
個別の分野での分散ではなく全体的に分散されている
タイプであった。





cho_investor at 09:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月03日

郵便局で買える投資信託その2

大和ストックインデックス225ファンド
郵便局で買える投資信託その2
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

郵便局で、購入できる投資信託は、
現在、3種類ある。

2つめに紹介されている

 大和ストックインデックス225ファンド


タイトルを見て直感的に感じること


肯定的な見方

 日経平均に採用されている225の銘柄を採用している

否定的な見方

 日経平均225採用の銘柄を購入しているだけ?


そして、詳しい内容が書いてある
目論見書を読みにかかる。


・・・


といっても、
日経平均225の採用銘柄を

ファンドをとおして買っているだけだから、
あとは、株式市場の流れに身を任すだけ。

年間で何パーセントのパフォーマンスを
という話は、できないか・・・

一番の魅力は、
いちいち、どの銘柄にしよう
と悩むことが、ないことである。

日経平均が、上昇すると感じれば、購入し、
そのとおりになれば、売却すれば、いいのである。




cho_investor at 22:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月02日

郵便局で買える投資信託その1

郵便局で、購入できる投資信託は、
現在、3種類ある。

まず、最初に紹介されている

 野村世界6資産分散投信
 (安定コース/分配コース/成長コース)


タイトルを見て直感的に感じること


肯定的な見方

 世界中に6つのタイプの資産に分散してます。

否定的な見方

 どれを選択したらいいかは、さておき
 とにかく分散してます。


そして、詳しい内容が書いてある
目論見書を読みにかかる。


・・・


いったい、このファンドは、
年間で何パーセントのパフォーマンスを
目指しているのだろう?


どこに書いてあるか・・・


それとも、実績を見て購入したい方は、どうぞ!
ということか・・



昨日、近くの郵便局では、どうなっているのだろう?
と思い、早速、確認のため、出かけた。

郵便局で着き、早速
パンフレット、パンフレット・・・

あれ?簡保しかない・・・




cho_investor at 17:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月01日

郵便局で投資信託が買える時代

平成16年10月3日
郵便局の窓口で、投資信託の販売が始まった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

何が、買えるのか?
それは、3つに絞られていた。

なぜ、3つしか・・・
たとえば、あなたが、いろいろお客さんから
この商品を売ってくれと頼まれたらどうするか?


きっと、安全なもの、
この人なら信用できる・・・と判断できるものに
決めるのでは、ないだろうか。


素人の推測かもしれないが、
郵便局が、ここなら、責任を持ってもいい・・・
と判断したところが、残ったのだろう。

野村證券
大和証券
ゴールドマンサックス

おやっ?
1件、日本の大きな証券会社が抜けている・・・

郵便局は、あくまでも買える窓口である。
けして、投資信託を運用しているところではない。

だから、投資信託の簡単な内容を聞くことは、いいとしても、
詳しい話を郵便局の局員の方に聞くのは、酷な気がする。

早く振込の手続をしたいのに・・・


cho_investor at 15:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事