マンション投資について
あなたに、40代の税理士からマンション投資の情報をお伝えします。


マンション投資

2006年06月09日

マンション投資 シンドラーのエレベータ

マンション投資の体験者は、
このことで、不安がよぎる。
−−−−−−−−−−−−−−

シンドラーのエレベータ事故に、
報道が集中している。

耐震偽装の次は、エレベータ事故。

シンドラーという名前が、
良くも悪くも、有名になったことには
まぎれもない事実。

私は、事故が起って初めて知った。
シンドラーという名前を。

さて、シンドラーのエレベータが使用されている
マンションの相場は、どうなるのだろうか・・・



cho_investor at 09:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月07日

マンション投資 体験者に聞く

マンション投資のきっかけは、
信頼できる人だった。
−−−−−−−−−−−−−−

あなたのお住まいは、

自己所有だろうか、
それとも賃貸だろうか、

私は、ちなみに、賃貸である。

もし、あなたと家主と長年の付き合い
としよう。

家主が、行おうとしているマンション投資の
話が、舞い込んできたらあなたは、どうする?

信頼できる人からの紹介だから、
安心してできる。

長い付き合いが前提であればあるほど
マンション投資の仕切は、低くなる。

私は、まだ、
マンション投資をしたことがないが、

ずいぶんと、仕切は低くなった。

cho_investor at 20:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月22日

マンション投資 自分の納得点

不安材料を挙げて、
自分の納得点を見つける。
−−−−−−−−−−−−−−

どこかに、不安ばかりの自分でも納得できる物権が、
この世に存在すると考えて、

情報収集しよう。

そうすれば、
やみくもにマンション投資の情報だけを集めすぎで、
情報でおぼれることはない。

ハードルが高くてもいい

まずは、自分自身が納得する
マンション投資の基準を探る。



cho_investor at 19:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月21日

マンション投資 自分が魅力と感じないところ

マンション投資に対する不安材料が
いくつ出てくるのか・・・
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

マンション投資の経理事務作業を
行ってきた税理士にとって、

マンション投資を実際にしていない立場で
マンション投資について、感じる環境は、
貴重かもしれない。

それは、いったん自分がマンション投資を行うと
しない人の気持ちが、わからなくなるからだ。

そんななかで、不安材料は、
いくつも見つかってしまう。

1.借金をすることになる。
2.借金を返せなくなる可能性がある。
3.固定資産税を納付し続けなくてはならない
4.マンション管理費を支払い続けなくてはならない
5.マンションの追加修繕費は、必要ないのだろうか
6.マンションの資産価値が下がったら
7.借主が現れなかったらどうしよう
8.借主と物件のことで、もめたらどうしよう
9.家賃収入の水準が減ったらどうしよう

いろいろでてきた。

ん?

ということは、
これらがすべて、クリアになっていれば
私は、マンション投資をするという決定を
下すのか・・・


cho_investor at 13:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月20日

マンション投資 自分が魅力と感じるところ

マンション投資をしたことがない者が、
魅力を感じる部分とは、

家賃収入という、定期的入金を体験できること。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

マンション投資の経理事務作業を
行ってきた税理士にとって、

マンション投資を実際にしていない立場で
マンション投資について、感じる環境は、
貴重かもしれない。

それは、いったん自分がマンション投資を行うと
しない人の気持ちが、わからなくなるからだ。

現在、何らかの形で、マンション投資をしたいなあ
と感じながらも、実施にはいたっていない。

その私が、唯一、マンション投資に魅力を感じる部分は、
家賃収入という、定期的入金を体験できることである。




cho_investor at 16:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月19日

マンション投資 地震が起きるとどうなるか

マンション投資家は
高額だが、地震保険に加入しておこう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今後、地震保険の所得控除が、新しく創設される。
阪神淡路大震災が起こった後、

私は、顧問先を訪れるたびに何時間も阪神電鉄の駅から
徒歩で歩いた。

車の残骸は、
交通事故で何度か見たことがあったが、

建物の残骸ほど
手におえない物はない。

でかすぎるのである。
どうしようもないのである。

しばらくは、壊れっぱなしであろう。
いつ倒れてくるか分からない。

危険ととなり合わせで、
神戸三宮の近くから、大きなビルを眺めた記憶がよみがえる。

そして、どうせ壊れるならら
全壊して欲しいと思うのが、
保険に加入したマンション投資家の気持ちだろう。

私が、見た壊れたマンションの光景は、
・・・

あれから、10年が経ったのか・・・

cho_investor at 17:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月18日

マンション投資 利回りは?

何パーセントの利回りが、良い悪いということは、ない。
あなたの中の「ものさし」を伸ばすことが大事。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

マンション投資に限らず、
投資には、利回りという考え方がある。

もし、利回りがマイナスという物ならば、
おそらく、ほとんどの投資家は、投資しないだろう。

これは、+か−という分かりやすい話だ。


しかし、高すぎる利回りは、どうなのか?

人によっては、

詐欺と感じる人もいる。
何かあると感じる人もいる。
興味を持って調べる人もいる。

対応が、それぞれ異なるのだ。

それぞれのマンション投資家が
それぞれ自分のモノサシで、投資を見ている。

「短いモノサシ」しかもっていないと、
せっかくのものが正しく計れず、
みすみす逃してしまう可能性がある。

自分のモノサシを伸ばすための行動をしよう。

cho_investor at 19:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月17日

マンション投資用の通帳には

マンション投資用の通帳には、
いつも借主の個人名が、記載されている
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いつも、定期的に借り主が
家賃というお金を振り込んでくれる。

このことを

「ありがたい」と感じる人もいれば
「当然」と感じる人もいる
「ほっ」と感じる人もいる

いずれも、借主に対して、
どんな気持ちで、貸主が通帳を見ているのか
わかる一言である。

でもなかには、
なにもメッセージを送ってくれない借主もいる。

そう・・・

こうなると、
マンション投資は、やっかいである。

言いそびれたために

とあるマンション投資家は、
平成10年の4月分が振り込まれていないことを
未だに覚えている。

cho_investor at 20:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月16日

マンション投資 売却する場合

マンション投資をして、
売却することになった場合のひと工夫
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以前は、そんな工夫は、いらなかった。
不動産を売って、売却損失が発生しても、

給与と相殺されたり、繰り越しされたり、
いろいろと恩恵(?)があった。

今、

その恩恵は、ことごとく消えている。

もし可能なら、
自分が、賃貸に出していたマンションに住んでみよう。

なにか感じるかもしれない。

そして、住まいとして使った後、
売却しよう。

これだけで、

貴方のマンションは、
収益用のマンション投資から
住まいのマンションの売却として、
取り扱うことが、可能になるチャンスが巡ってくる。

そうしたことも無ければ、
指をくわえて、マンションの投資損失は、
泡となって消えるしか無いからである。



cho_investor at 21:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月15日

マンション投資 他人の力を借りることから始まる

自力で即金で買うよりも
他力を借りる力を身につける近道
−−−−−−−−−−−−−−−−−

不動産を買うときに借金が付きもの
そんな世の中になって、数十年が経過する。

マンション投資も同じ、
自力で即金で購入する人は、皆無に近い。

でも、マンション投資を初め、
すべて、自力で用意しようとする人ほど
行動が遅くなるのも事実である。

人生は、有限である。

多くの人が、実際に他人の力を借りているにもかかわらず、
自力で生きていると錯覚する。

貴方が

日々食べている食べ物は、
貴方は、作った物だろうか?

あなたが着ている衣服は、
貴方が作った物だろうか?

あなたが乗っている車は
貴方が作った物だろうか?

あなたが得た知識は、
貴方が作った物だろうか・・・

マンション投資も同じように考えよう。
他人の力を借りることは、何も恥ずかしいことではない。

すでに借りているのだから。


cho_investor at 17:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
プライベートバンク口座開設
最新記事